​お願い:自動販売機設置(法人の方へ)

難病患者支援 飲料自動販売機 設置のお願い

 自動販売機を設置頂くことで、その売り上げの一部が支援金として寄付され、難病患者支援活動となります。

 突然、誰が抱えるかもしれないこれらの難病を支える活動にどうかご支援をお願い致します。

 

 この企画趣旨をご理解の上、設置のご検討を頂ければ幸いに存じます。お気軽に

​滋賀県難病連絡協議会までお問合せ下さい。

--------------------------------------------------

■特定非営利活動法人 滋賀県難病連絡協議会

■事務所  〒520-8577  滋賀県大津市京町四丁目3-28   滋賀県厚生会館 別館2階

■TEL/FAX  077-510-0703

■電子メールアドレス    siga-nanren@kvd.biglobe.ne.jp

--------------------------------------------------

 

 

およそ1.5㎡の場所をご提供頂けますと支援自動販売機および資源回収BOXの設置が可能です。電源は15A(100V)の専用コンセントになります。

詳細につきましては担当者よりご説明申し上げます。 

 

しかしながら、設置場所の周辺状況により設置できない場合もありますので予めご了承下さい。

■2010年11月4日(木)~開始し、多数の方にご協力いただいております。

 

全国の都道府県庁舎で初めて滋賀県庁内に難病・慢性疾患患者支援自販機が設置されました。

滋賀県庁玄関で嘉田由紀子知事や滋賀県難病対策推進議員連盟の代表、コカコーラ社の役員、滋賀県難病連絡協議会の代表(代行)をはじめ、県庁職員、滋賀県難病連絡協議会理事等で除幕式を行いました。

司会進行は滋賀県難病連絡協議会の森副理事長が務め、入院中の駒阪博康理事長に代わり、造田理事が言葉を述べ、自販機から飲料を購入しました。

同じ11月4日の午後には滋賀県甲賀市で民間設置2号機、3号機が設置されました。

民間設置の滋賀県1号機は既に大津市の坂本民主診療所現自販機(ジャパンリバレッジ)に設置されています。

滋賀県内にもっともっと難病患者支援 飲料自動販売機を設置していけるよう皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。